男性生殖能力検査法案

R-18

男性生殖能力検査法案

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 400

少子化が止まらず国はその原因は男性の性欲減退にあると判断した。 反対意見も出るなか半ば強行的に新たな法案「男性生殖能力検査法案」が可決 された。 法案の内容を簡単にまとめると ・生殖可能年齢範囲内の男性はそれぞれに適応される検査を受ける義務がある ・生殖可能年齢は精通を経験している者から満50 歳までとする。 ・検査内容はグループ{A(精通~22 歳)、B(23 歳~45 歳)、C(46 歳~50 歳)}と区分する。 ・検査は毎年受けなければならない。 ・検査を拒否した者には懲罰がある。 そして、法案が可決されてから1 ヶ月、最初の検査が始まった。

    少子化が止まらず国はその原因は男性の性欲減退にあると判断した。 反対意見も出るなか半ば強行的に新たな法案「男性生殖能力検査法案」が可決 された。 法案の内容を簡単にまとめると ・生殖可能年齢範囲内の男性はそれぞれに適応される検査を受ける義務がある ・生殖可能年齢は精通を経験している者から満50 歳までとする。 ・検査内容はグループ{A(精通~22 歳)、B(23 歳~45 歳)、C(46 歳~50 歳)}と区分する。 ・検査は毎年受けなければならない。 ・検査を拒否した者には懲罰がある。 そして、法案が可決されてから1 ヶ月、最初の検査が始まった。